知らなきゃ損?住宅業者の選び方

様々な建築工法があることを知っておこう

住宅業者を選ぶにあたって、業者によって建築工法が異なることを知っておいた方が良いでしょう。
建築工法の中には「木造軸組在来工法」と「木造枠組壁式工法」、「鉄筋コンクリート工法」、「鉄骨組工法」があります。
木造軸組在来工法は、日本古来より伝わる伝統的な工法で、大黒柱を中心として筋交いなどの斜めに組まれた木材にて横からの過重にも耐えられるように設計されています。木造枠組壁式工法は、ツーバイフォー工法とも呼ばれていて、壁の強度を高めることで家の強度を高めている木造建築です。鉄筋コンクリート工法は、鉄筋にて骨格を作り鉄筋の周りにコンクリートを流し込むことで家が作られます。鉄骨組工法は、鉄の柱や梁で骨組みを作ります。
一般的に地震に強いのは鉄筋コンクリート工法や鉄骨組工法と言われていて、木造軸組在来工法や木造枠組壁式工法は火災に強いと言われています。

建てたい家の外観イメージをはっきりと持とう!

住宅業者によって、特に外観については業者それぞれ得意分野があります。大きく大別すると、純和風住宅が得意な業者と洋風住宅が得意な業者があります。
どちらの建物を望むのか、最初にしっかりとイメージしてから住宅業者を選ぶ必要があります。純和風な業者でも希望すれば洋風住宅を作ってもらえますが、所々和風になってしまうなど微妙な部分でイメージと異なる設計をされてしまうことがあります。自分のイメージ通りの建物を建てたいのであれば、住宅展示場に出向き自分の好みの建物を展示している業者を探して見ると良いでしょう。もし、見つからなかった場合は、住宅業者からカタログを入手し、施工例などを確認して自分の好みの建物がないかチェックしてみましょう。

分譲住宅の利点として、購入者の意向を取り入れることが出来ることや、入居のスケジュールを決めやすいことがあります。