教えて!住宅の選び方

注文住宅、分譲住宅とは

注文住宅はその名のとおり、買い手がどのような住宅がよいか、間取り、外観、設備、素材等を施工業者やメーカーに指示し、その内容にそって住宅を建築してもらうものです。
勿論、指示した内容ではそのまま建てれないような場合は設計段階で仕様を変更してもらったり、このようにすればもっと良い等のアドバイスをもらいながら、買い手が理想に描く住宅を目指して建てていくものです。これに対して分譲住宅はメーカーがもともと決めた間取り、外観、設備、素材等で建てたものであり、買い手はメーカーが売り出している分譲地に建て並ぶいろいろな種類の分譲住宅から自分が好きな住宅、自分の生活イメージに合う住宅を選んで購入するものであります。

注文住宅と分譲住宅それぞれのメリット

注文住宅はなんといっても自分の理想の家を建てることができるので、例えばガレージが欲しい、一階に着替え部屋が欲しい、2階に自分だけの部屋が欲しい等、男性のこだわりを達成するためにふさわしい建て方です。また、女性においてもキッチンの後ろはとても広くしたい、一階に子供を遊ばせやすい座敷が欲しい等、生活のしやすさにこだわった注文をすることもできます。逆に、分譲住宅はこのような注文は確かにできませんが、どの間取りを選んでも大きく失敗することはありません。それは、メーカーが分譲住宅で設計された間取りや設備は過去のたくさんの販売実績を活かし、評判が悪かったものは無くし、良かったものをより良くしているため、まさに誰もがそれなりに満足できるレベルを確実にクリアしているからです。よって、無難な買い物をしたい、という方には分譲住宅を、自分でしっかり考え、こだわりたい、という方には注文住宅をおすすめします。

一戸建てを購入する場合、主な選択肢として建て売り住宅と注文住宅があります。どちらもそれぞれにメリット、デメリットが存在します。